こう

I
こう【亢】
二十八宿の一。 東方の星宿。 亢宿。 あみぼし。
II
こう【交】
(1)つきあい。 まじわり。

「~を結ぶ」

(2)年・月・季節のかわりめ。

「夏秋の~」

III
こう【侯】
(1)大小名。 諸侯。

「老~」

(2)五等爵の第二位。 侯爵。
IV
こう【候】
時候。 季候。

「盛夏の~」

V
こう【公】
※一※ (名)
(1)おおやけ。 おもてむき。 官府。 個人に対するもの。

「~と私(シ)の別をわきまえる」「義勇, ~に奉ずる」

(2)五等爵の第一位。 公爵。
※二※ (代)
二人称。 封建領主・大臣・身分の高い人など, また一般に他人を敬っていう語。 また, 同輩の者にも用いる。 貴公。

「~もっていかんとなす」

※三※ (接尾)
(1)身分の高い人の名に付けて, 敬意を表す。

「家康~」

(2)人や動物の名前に付けて, 親しみ, あるいはやや軽んずる気持ちを表す。

「忠犬ハチ~」「熊~」

VI
こう【功】
(1)成しとげた仕事。 特に成功をおさめた立派な仕事をいう。 手柄。 いさお。 功績。

「~を急ぐ」「立案者として~があった」「~に報いる」

(2)経験の蓄積。 年功。

「年の~」「舞台では随分~を積んだ古強者(フルツワモノ)である/社会百面相(魯庵)」

~入(イ)・る
年功を積む。

「いみじう~・りたる声の少し枯れたるして, 千手経(センズキヨウ)をぞ読むなる/狭衣 2」

~成り名遂(ト)・げる
一つの事業を成しとげて, 名誉もあわせて得る。
~を奏・する
〔事の成功を君主に奏上する意〕
事が成就する。 成功する。 奏功する。
VII
こう【劫】
(1)
〔仏〕
〔梵 kalpa の音訳「劫波」の略〕
ほとんど無限ともいえるほどの長い時間の単位。 具体的な長さは諸説あって一定しない。
(2)
囲碁で, 交互に相手方の一石を取ることができる形。 これを反復すると勝負がつかないため, 一手以上他に打ったあとでなければ取れない。

「~を立てる」

~を経(ヘ)る
長い年月を経る。 年功を積む。
VIII
こう【効】
ききめ。 しるし。 効能。

「薬石~なく不帰の人となった」

IX
こう【口】
助数詞。
(1)人を数えるのに用いる。 たり。

「狛(コマ)の虜(トリコ)十~を献ず/日本書紀(欽明)」

(2)刀などを数えるのに用いる。

「千~の剣/読本・弓張月(続)」

X
こう【国府】
「こくふ(国府)」の転。

「武生(タケフ)の~に我はありと, 親に申したべ/催馬楽」

XI
こう【孝】
両親を敬い, 子としての道を尽くすこと。 孝行。

「親に~を尽くす」

~は百行(ヒヤツコウ)の本(モト)
〔白虎通(攷黜)〕
孝行はすべての善行の根本となるものである。
XII
こう【工】
名詞の下に付けて接尾語的に用いる。
(1)工員・職工の意を表す。

「旋盤~」「熟練~」

(2)工業高校の略。

「浜松~」

XIII
こう【巧】
たくみな技術。

「文(アヤ)は人の目を奪ふ。 ~は人の目を掠める/虞美人草(漱石)」

XIV
こう【幸】
さいわい。 しあわせ。
~~か不幸か
XV
こう【恋う】
※一※ (動ワ五[ハ四])
思い慕う。 愛する。 懐かしく思う。

「母を~・う」「故郷を~・う気持ちがつのる」「妻~・ふ鹿の音/松の葉」

※二※ (動ハ上二)
(1)人, 特に異性を恋する。 ほれる。

「出で立たむ力をなみと隠り居て君に~・ふるに心どもなし/万葉 3972」「まだ見ぬ人を~・ふるものとは/伊勢 101」

(2)慕わしく思う。

「君をこそ兄君よりはいみじう~・ひ聞え給ふめれ/大鏡(伊尹)」

(3)(ある場所や物を)懐かしく思う。

「人皆の見らむ松浦の玉島を見ずてや我は~・ひつつ居らむ/万葉 862」「月のおもしろかりける夜, こぞを~・ひて/古今(恋五詞)」

〔本来は上二段活用の語で, 中世末期以降四段にも活用された。 現代語では「恋い慕う」「恋いこがれる」のように複合動詞として多く用いられ, 単独で用いられることは少ない〕
XVI
こう【恍】
(1)うっとりするさま。

「~として夢み惚として覚め/世路日記(香水)」

(2)はっきり見分けがたいさま。

「~たる月日を返すに難きいたづらの身や/ふところ日記(眉山)」

XVII
こう【抗】
名詞の上について, 「…に抵抗する」「…をおさえる」などの意で複合語を作る。

「~ヒスタミン剤」「~貧血作用」

XVIII
こう【斯う】
※一※ (副)
〔「かく(斯)」の転〕
(1)ある場面の様子をさしていう。 話し手の身近の場面についていう。

「~なればしめたものだ」「~暑くてはかなわない」

(2)話した内容や心の中で考えた事柄などをさす。

「~しろああしろと口うるさい」「山路を登りながら~考えた/草枕(漱石)」

(3)事態のなりゆきが限界に達したことを認める気持ちを表す。 もうこれまで。

「祇王すでに今は~とて出でけるが/平家 1」

(4)動作を軽く指示する。

「さて私はもう~参りまする/狂言・末広がり(虎寛本)」

※二※ (感)
(1)言いよどんだり, ためらいながら言ったりするときに用いる語。 あの。 ええと。

「~, どうだえ, 狼は出やしますまいねえ/塩原多助一代記(円朝)」

(2)呼びかけの言葉。 ぞんざいな言い方。 おい。 なあ。

「~, おめえん所のおかみさんもお髪(グシ)はお上手だの/滑稽本・浮世風呂2」

XIX
こう【更】
一夜を五等分した, 時間の単位。 初更・二更・三更・四更・五更とする。 季節によって長さが異なる。 中国・朝鮮の古い制度の伝わったもの。
~闌(タ)・く
夜がふける。

「~・け夜静かにして/謡曲・采女」

XX
こう【校】
※一※ (名)
(1)学びや。 学校。

「わが~の選手」

(2)校正。

「~を重ねる」

※二※ (接尾)
助数詞。 校正の回数を数えるのに用いる。

「初~」「三~」

XXI
こう【江】
(1)大きな川。
(2)長江の別名。
(3)琵琶湖の古名。

「~をわたりて坂本にまゐりしかば/正統記(後醍醐)」

XXII
こう【溝】
数の単位。 穣(ジヨウ)の一万倍。 すなわち一〇の三二乗。 [塵劫記]
XXIII
こう【爻】
易(エキ)の卦(ケ)を組み立てる横画。 「—」を陽, 「--」を陰とする。
八卦
XXIV
こう【甲】
(1)カメ・カニなどの体をおおう硬い殻。 甲羅(コウラ)。

「亀の~より年の功」

(2)手足の表面。 手首から先の, 外側の面。 足首から先の, 上側の面。

「手の~」

(3)十干の第一。 きのえ。
(4)等級・成績などをつけるときに用いて, 一番上位を表す。

「殊勲~」

(5)二人以上の人, または二つ以上の物事があるとき, その一つの名にかえて用いる。

「~は乙に賃貸料を支払う」

(6)よろい。 かぶと。 [和名抄]
(7)箏(ソウ)・琵琶などの胴の表面または背面の湾曲した板の部分。
(8)「かん(甲)」に同じ。
~が舎利(シヤリ)にな・る
〔「甲」は頭蓋骨, 「舎利」は火葬後に残る骨〕
堅い甲が砕けて舎利になる意で, めったにないことのたとえ。 絶対に, どんなことがあっても, の意で用いる。 舎利が甲になる。

「~・るとても親の手へはわたすまい/浄瑠璃・薩摩歌」

~に着る
他の権勢をたのんでいばる。 笠にきる。

「威をふるふ, その山三めを~きて/浄瑠璃・反魂香」

XXV
こう【皎】
白く光り輝くさま。

「~として玉の如く麗はしきも/思出の記(蘆花)」

XXVI
こう【稿】
詩文などの下書き。 原稿。

「~を草する」

~を起こ・す
原稿を書き始める。 起稿する。
~を脱・する
原稿を書き上げる。 脱稿する。
XXVII
こう【紅】
くれない。 べに色。
~をさ・す
紅色になる。 特に, はじらいなどで顔が赤くなる。 紅を潮(チヨウ)す。
XXVIII
こう【綱】
生物分類上の一段階。 門の下位, 目の上位に位置する。 脊椎動物門の哺乳綱・鳥綱・爬虫綱など。
亜綱
XXIX
こう【薨】
貴人の死。 特に律令制では, 親王および三位以上の人の死にいう。 薨去。
XXX
こう【蝗】
イナゴ。 また, イナゴによる災害。
XXXI
こう【行】
(1)行くこと。 特に, 旅行などで歩きまわること。

「~を共にする」

(2)隋唐時代, 都市の特定地区(市)に限って営業を許された同業種から成る商店街。
(3)唐の中期以後, 同業者が営業独占と互助の目的で作った商人組合。
(4)〔もと楽府(ガフ)の楽曲のこと〕
古詩の一体。 唐代以降は, 多く叙事詩。

「琵琶~」

XXXII
こう【請う・乞う】
(1)ある物を与えてくれるよう, またある事をしてくれるよう相手に求める。

「この道の専門家に教えを~・う」「近日上映。 ~・う, 御期待」「みどり子の乳(チ)~・ふがごとく/万葉 4122」

(2)願いの叶(カナ)うよう神仏に祈る。

「天地(アメツチ)の神を~・ひつつ我(アレ)待たむはや来ませ君待たば苦しも/万葉 3682」

XXXIII
こう【講】
(1)講ずること。 講義すること。 講義。
(2)僧による仏典の講読や説法を中心とする仏事。 法華八講・最勝講など。 講会(コウエ)。
(3)僧や信徒が集まって行う各種の仏教儀式。 涅槃(ネハン)講・地蔵講・報恩講など。
(4)中世中頃以後, 民衆のあいだで作られた仏事や神事を行うための結社。 寺院・神社などを維持したり, 集団参詣を行なった。 近世になると, 行楽を主目的として名山・霊場などへ集団参詣するためのものも生まれた。 富士講・伊勢講など。
(5)貯蓄・融資などのための相互扶助団体。 頼母子(タノモシ)講など。
XXXIV
こう【貢】
みつぎもの。

「~を奉る」

XXXV
こう【鋼】
2パーセント以下の炭素を含有する鉄。 炭素鋼ともいう。 製錬の過程で, 銑鉄から炭素を減らして得られる。 炭素含量によって硬さなどの性質が種々に変化する。 鋼鉄。 はがね。 スチール。
XXXVI
こう【長官】
「かみ(長官)」の転。

「~の殿」「~の君」

XXXVII
こう【項】
(1)事柄を順序だてて分けたときの, 一つ一つ。 箇条書きにしたものの各条。 項目。 事項。

「次の各~に答えよ」

(2)〔数〕(ア)多項式を構成するそれぞれの単項式。 (イ)数列・級数で, そのおのおのの数や式。
(3)首の後ろの部分。 くびすじ。 えりくび。

「~を掴んでむずと引き寄せ/義経記 3」

XXXVIII
こう【香】
(1)焚(タ)いてその匂いを賞するもの。 香木と, 種々の香木・香料を粉末にして練り合わせた練り香とがある。 沈香(ジンコウ)・伽羅(キヤラ)・白檀(ビヤクダン)・麝香(ジヤコウ)など。
(2)仏前で焚く香料。
(3)「香道(コウドウ)」「香合わせ」の略。
(4)〔仏〕
〔梵 gandha〕
六境の一。 鼻で感じる対象。
(5)「香色(コウイロ)」の略。

「~のうすものの二藍の御直衣/枕草子 35」

(6)味噌の異名。 [日葡]
(7)襲(カサネ)の色目の名。 表は濃い香色, 裏は紅。
(8)織り色の名。 経(タテ)は濃い香色, 緯(ヨコ)は白。
~を聞・く
香を焚(タ)いて, そのかおりをかぐ。 また, そのかおりから香をかぎ分ける。
~を闘わ・す
各自が持ち寄った香を焚(タ)いて, その優劣を競いあう。
XXXIX
こう【高】
姓氏の一。 南北朝時代の武家。 代々足利家に仕え, 師重は足利尊氏を執事として助けた。 師重の子師直・師泰も尊氏を支えたが, 尊氏の弟直義と対立し, 一族は衰亡。
XL
こう【鵠】
白鳥の異名。 くくひ。 こひ。 [和名抄]
XLI
こう【鸛】
コウノトリの異名。

Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • ごう — I ごう【剛・豪】 〔古くは「こう」〕 強く勇ましい・こと(さま)。 ⇔ 柔 「~の者」「柔よく~を制す」「精神の~なる今に赫たり/明六雑誌 36」 II ごう【号】 ※一※ (名) (1)画家・文人・学者などが, 本名のほかにつける名。 雅号。 (2)雑誌など, 定期的に発行されるもののそれぞれ。 「次の~で完結する」 (3)活字の大きさの単位。 → …   Japanese explanatory dictionaries

  • こう — [ref dict= Unihan (Ch En) ]丐[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]乞[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]匃[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]恋[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]神[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]請[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(Kun) Index for Unihan

  • こう — [ref dict= Unihan (Ch En) ]丂[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]丱[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]亘[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]亙[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]亢[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]交[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(On) Index for Unihan

  • ごう — [ref dict= Unihan (Ch En) ]佷[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]偶[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]傐[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]傲[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]傹[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]儑[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(On) Index for Unihan

  • こうぎょうこうとうがっこう — こうぎょうこうとうがっこう【工業高等学校】 新制の高等学校の一。 工業科を単科とする。 工高。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • こうとうこうぎょうがっこう — こうとうこうぎょうがっこう【高等工業学校】 工業に関する専門教育を施した旧制の実業専門学校。 高工。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • こうこうしょうごん — こうこうしょうごん【香光荘厳】 〔仏〕 香に染まると香気を発するように, 念仏に専念すれば仏の徳が身にそなわること。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • こうしょうごうじけん — こうしょうごうじけん【高陞号事件】 1894年(明治27)日清戦争の宣戦布告直前, イギリス国旗を掲げて清国兵を輸送中の高陞号に対して, 日本の連合艦隊が砲撃を加え, 撃沈した事件。 国際法上の議論を呼んだ。 こうしんごうじけん。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • こうみょうこうごう — こうみょうこうごう【光明皇后】 (701 760) 聖武天皇の皇后。 孝謙天皇の母。 藤原不比等の娘。 名は安宿媛(アスカベヒメ)。 光明子とも。 悲田院・施薬院を設けるなど社会事業を行い, また天皇の東大寺建立を助け仏教興隆に尽くした。 王羲之の書「楽毅論」を臨書した巻物は名筆として著名。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • こんこうみょうしてんのうごこくのてら — こんこうみょうしてんのうごこくのてら【金光明四天王護国之寺】 国分寺の正称。 …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.